ホルモンバランスを改善して快適な体づくり【ストレスなしボディ】

sleepless at night

自立神経が乱れる

ホルモンバランスが崩れてしまうことによって、自立神経が不安定になってしまうようになります。汗のコントロールが出来なくて急に体が暑くなってしまったり、動機が激しくなったりします。

Read More

免疫力を保つ

更年期障害になってしまうと免疫力が下がってしまうようになります。免疫力をアップさせるためにホルモンを補っていくことが大切です。そのことで、病気に負けない丈夫な体づくりが出来ます。

Read More

ホルモンの乱れ

様々な原因がある眠れないといった症状は原因を把握することが大事になってきます。対策の方法をチェックしてみましょう。

睡眠障害で悩んでいる人は、快眠効果のある食生活が最も重要です。気になる食材やサプリメントを一挙紹介中!

tired from working

閉経が近くなった女性に多く見られる症状として更年期障害が挙げられます。ホルモンバランスが乱れてしまうため、心身ともに元気がない状態が続くようになってしまいます。また、睡眠障害といった症状が起こる場合もあります。眠れなくなってしまう状況が続いてしまうため、ストレスに感じるようになってしまい、更に更年期障害の症状を悪化させてしまうことがあるのです。このような事を予防するためにホルモンバランスを整えるための習慣を身に付けておくことが必要になります。ホルモンが不足している状態であるため、ホルモンを増やすことが必要になりますが、このような時に役立つのがイソフラボンです。大豆に含まれている成分となっていますが、女性ホルモンであるエストロゲンと同じ作用を行ってくれるということで知られています。エストロゲンが不足してしまうと情緒不安定な状態になってしまうことがありますが、大豆の食品を摂取しておくことによってこれらの症状を抑えていくことが出来ます。

女性ホルモンを整えることで眠れない症状を改善していくことが出来ますが、生活習慣を整えておくことも大切です。眠れないからといって、夜更かしをするのは悪化に近づいてしまう原因になってしまいます。理想の睡眠時間が来たらベッドに入って横になるという事を心がけておくようにしましょう。目をつぶってでも安静にしておくことが大切です。ありがちなのが、スマホを寝ながら操作するという点が挙げられますが、光によって脳が覚醒状態になってしまうことがあり、寝付きが悪くなってしまいます。安眠を得るためにもスマホは遠ざけておくべきものといえるでしょう。

老化を食い止める

tired from working

女性ホルモンが不足してしまうと、老化が進んでしまう事があります。症状が進行してしまうと肌のハリを失ったり、免疫力が落ちてしまうことで肌荒れを起こしやすくなったりすることがあります。

Read More

おすすめ関連リンク集

  • Stress Reduction

    自分に合ったストレス解消方法を実践することでリフレッシュ効果が生まれます。こちらを参考にしても良いでしょう。